2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXのピラミッド理論

FXで絶対負けない為には?みたいなことを考えた時に、自分は、ピラミッド戦略と行う方法を考えました。

それは何かというと、1ドル100円と仮定して、ごく少量の買いから入り、絶対破産しないようなポジションしか持たないという考え方です。

例えば、10万持っていて、1枚買う。1枚って何よ?というと、名目代金的にここでは10,000円とします。
そうすると、1ドル50円になっても、5,000円にしかならない。
ここで2枚買い足す。合計20,000円(10,000+5,000+5,000)ということになり、更に下がったら、破産しないラインを見極めながら4枚買い足すみたいな逆張りする戦法。
どんだけ下がっても10万以上は負けないので、100%勝つ方法!
おれ天才?みたいに思ったけど、同じようなことを考えてる人がいるもので、本にもなってて、だいぱぱ手法と言われるもので、ちゃんと「絶対負けない」方法が載ってるので(儲けももちろん少ないけど)、FXを始める、レバレッジに初めて触れる方はこのあたりの計算方法とかから入門してはいかがでしょうか?と思います。

別にだいぱぱ手法じゃなくても、何にせよ、大事なのは、レバレッジとは何?ということを学ぶこと。
ちゃんと頭の中で、こんだけ下がったら証拠金がこれだけ要るということを一瞬で計算出来ること。
そういう基本が出来てないと、3円5円動いただけで破産するっていうことになる。。。

絶対にやること

1日1日、絶対にやるべきと思うことは、これだけだと思います。

・明日、目標額を稼げるように指値注文をする。
 例えば自分は、1日1万円を目標にしていますが、どうにかして、上手くいったら1万円稼げるように
 指値注文をします。

・朝、先物とニュースを見て、注文の修正を08:00-08:59の間にする。
 例えばDAUが大幅に下がってたりすると、前日の注文は取り消しです。笑
 

一点集中型投資

ここ3年で、まあCFDやFXや先物で負けながらも、メインの株ではプラスになっていて、教科書的なやり方で
上手いこと生き残れてはいるのかなと思ってました。
でも、なんか最近それじゃ甘いと思ってます。

よく、元手100万を先物で2000万くらいにして、500万くらいに減った人がいるなんて
聞きますが、自分は、
「そんなやり方運だ!アクセル全開で走ることしか知らない人が、たまたま上手く事故らなくって、案の定事故って運よく生きてただけだ!」
なんて思ってしまいます。

でも実際に結果としては、資産を5倍に増やしてる。投資はシンプルに結果の世界なので、そういう人たちと比べて負けです。

だからといって、やみくもに先物で何か買う?となると、自分は100%負けます。
実際ヤケんなって先物コーンを買って小豆を売った時期がありますが、コーンは下がって小豆は上がって、資金の半分くらい失いました笑

ただ、もう29才というのも事実です。
焦らないと。

ここで良く言われるのが、分散投資はダメだという意見。
自分は、超分散投資方法で今までやってきました。
やり方をがらっと変えるなんてことはしませんが、もうちょっと「重み付け」というか、片寄らせてもいいんじゃないのかなと思います。

例えば、今回のアベノミクス相場で、上がる株と思う株を絞って、1つの銘柄に資金の1/5くらいは片寄らせても良かったんじゃないかと思います。
40万/200万なので、相当勇気がいりますが、全部の銘柄が大体2~3倍くらいになってるし、それだけで100万近く儲かったと思います。

適切なタイミングで、適切な銘柄に一点集中型投資を心掛けていきたいと思います。


年収についての定義

サラリーマン兼投資家になった時、確定申告をするあたりから「年収とは?」という疑問が出るかと思います。
自分も、去年初めて確定申告をしましたが、それまでは年収年収言ってたけどあんまり深くは考えてなかったことに気付きました。

なんでも年収というのは定義が曖昧らしく、主にはざっくり2通りの解釈が出来るらしいです。

1. 年収=売上
2. 年収=売上-経費-(税金)

解釈が分かれる上に、サラリーマンの年収と、副業副収入の年収は一般的に考え方が違うという話しなので、そりゃややこしなるわって話しですよね。

普通、年収というとサラリーマンなら、「会社から提示された個人の売上高」ということになると思います。
サラリーマンの場合は、そこから経費とか税金を引かれて、残ったのが所得で、俗に言う手取りになるということですね。

ここで自分流の超アバウト手取り計算法を。

年収 手取り
1000万 月50万
800万 月40万
600万 月30万
400万 月20万

※ボーナスは夏冬共に2ヵ月計算
なんか、控除って大体20~25%なので、みんな大体こうなるのかなって感じです。

話しを戻してやっと本題ですが、副業副収入の場合の年収は?というところについて考えてみたいと思います。
世間の風潮的には、以下2.が個人事業主なんかの年収とされています。

2. 年収=売上-経費-(税金)

が、自分の考え方は1.です。

1. 年収=売上

理由としては、まず、確定申告欄の「収入」の定義が「売上」なので、ということです。
収入から経費が引かれ、所得になる。収入=年収と考えれば、字的にもあてはまります。

それから、先ほどのサラリーマンの年収の定義ともほぼ同じです。

しかし、世間の風潮的には2. が一般的です。
何故か?
売上だけだと、その人がいくら稼いでるのかがわからないからです。
例えば売上=所得の人もいるでしょうし、売上2000万くらい上げてるけど、所得は雀の涙という人もいます。
売上なんかどうでもいい!あなたの手取りを聞いてるの!というのが、年収が曖昧になってる原因かな?なんて勝手に思ってしまいました。


なんか気取って知ったかぶって書いちゃいましたが、記事について明らかに誤りがあれば、ご指摘願います。

逆指値売り作戦

まず、CFDとは何かというところから簡単に説明しますと、日経平均等自体を上がるか下がるかレバレッジを賭けて投資出来る商品です。

株を始めて暫くして、自分には買いしか出来ないことを知りました。
冷静に考えたら、買いだけしか出来ないということは、大暴落した時には、「ゼロ」か「負け」です。

これをどうにかする為に、色んな方法を模索しました。
つまり、売りが出来る商品はないか?ということです。それで、CFD・先物・FXでは手軽な金額で売りから入ることが出来ることに気がつきました。

自分が今、CFD・先物・FXもやっているのは、そう言った理由です。

考え方としては、株で買っている分、日経平均やアメリカダウ・あるいはドイツDAXといった「平均の指数」を売り建てていけば、安全なのでは?ということです。

サヤ取りに似た考えということも理解し、これで安全に運用出来る!!と当時は思ってました。
しかし、2012年まで、今まで大分色々失敗してきました。
CFDも、先物も、FXも、一度資金の50%くらいは飛ばしているのではと思います。

何がいけなかったか?

基本的に「平均の指数」はあがります。経済はそうでないとダメみたいです。(笑)
で、自分は売りから入ります。すると、暴落時以外は必ず負けます。
おまけにレバレッジを理解していなかったので、思わぬ含み損を抱えてしまい、怖くなって決済・・・という流れです。
自分の知る限り、自分と同じ失敗をする人は多くいます。
自分の場合、40万くらいしか資金の枠として用意していなかったので、20万くらいの損で済みましたが、
これ、下手したら破産です。

で、そんなかんなで紆余曲折を経てたどり着いた仮説が、逆指値売りです。

gyakusashineuri.jpg

図を見てもらえばわかるのですが、暴落に備えて、今より安い値段で売りをしています。
普段は、経済が上向くので、少しずつ順張りで買っていき、暴落に備えて売り注文を新規に出しておく。

こうすれば、普段時も、暴落時も勝てるのではないか?と思っています。

(でもこれ、落ち度とかあるんだろうな。例えば実際には暴落時には約定しませんでしたとか。。。)

という訳で、あくまで仮説です。参考にして下さい。

«  | ホーム |  »

プロフィール

makoto

Author:makoto


↑ランキングクリックよろしく↑

始めましての方は、「はじめに」をお読み下さい。
また、今までの収支表を公開しています。
収支表の見方は、「収支表の見方」記事にまとめています。

・2010年度

・2011年度

・2012年度

・2013年度

・2014年度

・2015年度

・2016年度



↑ニコ生もやってます↑

Twitter

カテゴリ

はじめに (1)
雑記 (5)
今週の収支 (51)
今週の注目銘柄 (3)
考え方 (23)
投資入門講座(資金管理について) (14)
投資入門講座(メンタルについて) (4)
投資入門講座(時間管理について) (1)
告知履歴 (2)
投資つぶやき (17)
イベント記録 (1)
投資戦略考察 (6)
プロフィール (0)
日記 (1)

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。