2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年収についての定義

サラリーマン兼投資家になった時、確定申告をするあたりから「年収とは?」という疑問が出るかと思います。
自分も、去年初めて確定申告をしましたが、それまでは年収年収言ってたけどあんまり深くは考えてなかったことに気付きました。

なんでも年収というのは定義が曖昧らしく、主にはざっくり2通りの解釈が出来るらしいです。

1. 年収=売上
2. 年収=売上-経費-(税金)

解釈が分かれる上に、サラリーマンの年収と、副業副収入の年収は一般的に考え方が違うという話しなので、そりゃややこしなるわって話しですよね。

普通、年収というとサラリーマンなら、「会社から提示された個人の売上高」ということになると思います。
サラリーマンの場合は、そこから経費とか税金を引かれて、残ったのが所得で、俗に言う手取りになるということですね。

ここで自分流の超アバウト手取り計算法を。

年収 手取り
1000万 月50万
800万 月40万
600万 月30万
400万 月20万

※ボーナスは夏冬共に2ヵ月計算
なんか、控除って大体20~25%なので、みんな大体こうなるのかなって感じです。

話しを戻してやっと本題ですが、副業副収入の場合の年収は?というところについて考えてみたいと思います。
世間の風潮的には、以下2.が個人事業主なんかの年収とされています。

2. 年収=売上-経費-(税金)

が、自分の考え方は1.です。

1. 年収=売上

理由としては、まず、確定申告欄の「収入」の定義が「売上」なので、ということです。
収入から経費が引かれ、所得になる。収入=年収と考えれば、字的にもあてはまります。

それから、先ほどのサラリーマンの年収の定義ともほぼ同じです。

しかし、世間の風潮的には2. が一般的です。
何故か?
売上だけだと、その人がいくら稼いでるのかがわからないからです。
例えば売上=所得の人もいるでしょうし、売上2000万くらい上げてるけど、所得は雀の涙という人もいます。
売上なんかどうでもいい!あなたの手取りを聞いてるの!というのが、年収が曖昧になってる原因かな?なんて勝手に思ってしまいました。


なんか気取って知ったかぶって書いちゃいましたが、記事について明らかに誤りがあれば、ご指摘願います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toushiinvestor.blog.fc2.com/tb.php/58-036d0569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

makoto

Author:makoto


↑ランキングクリックよろしく↑

始めましての方は、「はじめに」をお読み下さい。
また、今までの収支表を公開しています。
収支表の見方は、「収支表の見方」記事にまとめています。

・2010年度

・2011年度

・2012年度

・2013年度

・2014年度

・2015年度

・2016年度



↑ニコ生もやってます↑

Twitter

カテゴリ

はじめに (1)
雑記 (5)
今週の収支 (51)
今週の注目銘柄 (3)
考え方 (23)
投資入門講座(資金管理について) (14)
投資入門講座(メンタルについて) (4)
投資入門講座(時間管理について) (1)
告知履歴 (2)
投資つぶやき (17)
イベント記録 (1)
投資戦略考察 (6)
プロフィール (0)
日記 (1)

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。