2013-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資金管理について(9) 理想的なポートフォリオ形成

さてさて、資金の1/10同じポジションを持たないとか、売りから入る用のお金を用意しておこうとか、色々語ってきました。
ミラーの原則で、暴落時に突っ込める資金を担保しておこうということも言いました。

プロの人や銀行等は、ポートフォリオを形成しています。
例えば以下は、大手生命会社のポートフォリオです。

フォリオ

株が何%で、公社債?←わかってない(笑)が何%でという風にポートフォリオを組んでいます。
この円グラフ的に考えることは、結構大事だと思ってます。

何故なら、こういう考え方をするだけで、破産の確率は低くなる。

「おいおい、大暴落したら結局持ってるものが違うだけで全部において損するんじゃないか?」

なんて言う方もいると思います。
しかし、「暴落時に備えて逆指値」用の資金を20%程取っていれば、逆に儲かります。
経済が上向いて儲かる、経済がダメになっても儲かる、というポートフォリオを形成しておけば、理論上、破産の確率はほぼゼロになる。

で、このポートフォリオを組むというのは、形の問題で別に高度な技術がいる訳ではありません。
証券口座色々用意して、資金を振り分けてという作業的なものです。
だから、だからこそ最初にこういうことからやるべきと思います。

何故か合戦で例えるなら、刀を研いだり、矢を補充したり、ちゃんと鎧の紐を取れないようにしたり、そういう準備の話しだと思ってます。
しかし、高度なことと捉えられがちです。

自分からすると、資金の半分を1つの銘柄に突っ込むことの方がよっぽど「高度」なことです。

最後に、自分のポートフォリオとしては、収支表から大体はわかると思いますが、大体狙いとしては以下の通りです。

株:株(予備用):FX:CFD:先物:待機
3:3:1:1:1:1

現在300万円合計あるとして、100万株、100万株(予備用):30万FX:30万CFD:30万先物:30万待機となります。

そのうち、基本的にCFDと、待機用のお金は暴落時用です。
株は、1銘柄合計10万円まででナンピンが前提。
つまり未だに5万円以上の株は買いません。

結構考えてルールを作っているつもりです^^
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

makoto

Author:makoto


↑ランキングクリックよろしく↑

始めましての方は、「はじめに」をお読み下さい。
また、今までの収支表を公開しています。
収支表の見方は、「収支表の見方」記事にまとめています。

・2010年度

・2011年度

・2012年度

・2013年度

・2014年度

・2015年度

・2016年度



↑ニコ生もやってます↑

Twitter

カテゴリ

はじめに (1)
雑記 (5)
今週の収支 (51)
今週の注目銘柄 (3)
考え方 (23)
投資入門講座(資金管理について) (14)
投資入門講座(メンタルについて) (4)
投資入門講座(時間管理について) (1)
告知履歴 (2)
投資つぶやき (17)
イベント記録 (1)
投資戦略考察 (6)
プロフィール (0)
日記 (1)

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。