2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタルについて(4)投資をするよりも、働いて稼ぐ方がリスクが無い

よく、投資をするよりも働いて稼ぐ方がリスクが無いと言われます。
一見すっと頭に入ってきて、正しいように感じますが、自分はそんなこと無いと思います。

自分は2007年から社会人をスタートしました。
1年間で大体手取り20万弱。一般的だと思います。
幸せな家庭を築くという夢がありますので、ゆくゆくは手取り40万くらいは必要だなと思っていました。
年収で言うところの800万くらいあれば良いかなという考えです。

国税庁の、民間給与実態統計調査結果(2011年データ)によると、年収800万以上の男性は、比率で言うと10%程度です。(図略)

平均年収が500万程度の中、平均以上にひたすら頑張り続ければ、何とか達成出来ると思います。
多分、残業も相当しないといけないと思います。
しかし、考えなおしてみると、「頑張り続けないと達成出来ないかもしれない」って、これこそがリスクじゃない?
って思ってしまいます。
まあ、年収800万が高望みしすぎ!って話しもあるかもしれませんが。

ここで、投資はどうか?という話しです。
よく、勝ってるのは全体の10%という話しが常識とされてますが、これ、ソースが絶対出てこないんですよね。
後はプロでも年利10%なんか言われてますが、これも嘘だと思います。
自分の考えを言うと、投資は間違えたことをしなければ少しずつプラスになると思っています。
それから、多分誰でも年利10%くらいは達成出来ると思っています。

「と思っています。」とか、「ソースは自分」みたいなところに落ち着いてしまうので、結局働くVS投資で
リスクの比較が出来ないということになります。

ここから結論ですが、比較しようとするところがまずいということです。
何かというと、2つは補完的な関係にあると言いたい。
投資は危ないかもしれない、だから一生懸命働こう!という結論に落ち着いてしまいがちで、その考え方がまずいということです。

こういうことです。

・投資のみ=リスク高
・労働のみ=リスク高
・投資と労働=リスク中

例えばもし、年収800万を達成しようとした時、労働での年収600万+投資での年収200万というプランが
立てられていいんではないか?ということで、それが一番リスクを少なくする方法ではということです。
もちろん、マイナスにならないような運用スキルを身につけるということが前提ですが。
スポンサーサイト

メンタルについて(3)知識が無い=負ける

とにかく投資を始める前に不安が先行して何も進まなかったので、この不安の原因は何かを書きだすことにしました。
その一つに、「知識が無い=負ける」というものがあります。

トレード、株関連の雑誌を読むと、勝ってるトレーダーのインタビューコーナーなんかがよくあります。
驚くことにこんな記事が書いてあることがあります。
「勝ってるけど、おれのやり方はテクニカルだから、ニュースとか最低限しか気にしないよ。」
テクニカルとは、チャートの規則だったり計算によってこの先上がるかどうかを判断するというものですので、
その企業の業績だったりには関係ないです。

最初は、雑誌だから、簡単に稼げそうな印象持たせる為に嘘が書いてあるのかななんて勘ぐってしまっていました。笑
しかし、「仮に」そういう勝ち方もあるのだったら、知識が無い=負けるというのは嘘になるのでは?と思います。



また、株の初心者サイトなんかを見ると、プロでも負ける世界!みたいに紹介しています。プロって何?と定義が覆って
しまいますが、まあとにかく、知識は人よりもすごくある方が負けるとなると、知識がある=勝つという訳でもなさそうです。

全く知識と勝ち負けの相関がわかりません。

では、見方を変えて必要な知識とは何か?という疑問が湧きます。
ROA?ROI?ボリンジャーバンドの計算式?でも、そういうのを熟知してる人でも負けるんでしょ?
当時は、仮にこう結論づけました。わからないので、目の前の疑問を解決することを、必要な知識としよう!

そして、今もそのスタンスは変わっていません。

例えば、一番初め、投資を始めるのに不安だったこと、すぐに破産するのでは?というのがありました。
実際のところの確率はどうなのか?結論づけるには、「仮に適当な株を買ったら、その株が明日破産する確率は
どれくらいか?」を求めようとなりました。

単純に考えると、上場している企業を調べて、年間どれくらい上場廃止になるのか?みたいな考え方で良いと思います。
確かその時に調べた時、上場企業は大体4800社、上場廃止になる企業が年間20社くらい。
ただ、1/240かというとそうではない。調べていくうちに、普通監視ポスト→整理ポスト→上場廃止になるということが
わかりました。
更に大体監視ポストになったら1/3くらいの価値になるので、まあそう考えるといきなり破産するということも無いなと
思いました。

それで、これこそが、「必要な知識」だと思っています。
つまり、勝つ為の仮説だったり、勝てないので問題の原因を調べるということだったり、不安なことの原因を調べる
ということだったり、そういうことを調査する、データで確かめる。これで得た知識こそが必要な知識です。

ただやみくもに誰かが書いた株の教科書を読んでも為になるようでならないです。

このブログでは、教科書的な知識については言及しません。考え方という意味での教科書的記事を書いていきたいと
思います!




メンタルについて(2)間違えた考え方の刷り込み

トレードをしようとした時、やたらと怖くなって、しばらく出来なかった。
でもどうしても投資家になりたいということで、一体この自分の恐怖だったり抵抗の原因は何なのか?分析してみましたという続きの記事です。

最初に結論を書いてしまうと、それは間違えた考え方の刷り込みによるものでした。
つまり、投資=ギャンブルという風に、今まで親、学校の先生に教えられてきて、それを「正しい」ものとして受け入れてしまっていた、だから怖かったというところです。

でも、親も学校の先生も、投資なんてしたことが無いです。なのに何故そんなに自信を持って、投資=ギャンブルだなんて言えるんだろう?
これこそが「常識」のせいだと思っています。

自分は、常識外れな生き方をこれまでずっとしてきました。笑
学校でも、ちょっと異端児。
で思ったことは、常識外れな生き方をしたら、大抵は損をする。
ただし、たまに得をすることもある。

要は、「常識には明らかな嘘」があるぞ?というところが言いたいところです。
それにしても、投資のこと以外なら、みんな知らないことは知らないと言えるのに、何故投資のことになると知らないのにあたかも知っていて経験して失敗したかのように語れるのか。不思議じゃないですか?

他にも、これどうなの?という一般的な投資の常識を見ていきたいと思います。

1. 知識が無い=負ける

2. 負ける=破産

3. 投資をするよりも、働いて稼ぐ方がリスクが無い

4. 株をする=株を安く買って株を高く売る。を指す

5. 信用取引、先物取引は損失無限大だから危ない。絶対やめた方が良い。

6. 投資はそこそこ(それも1000万くらい)の資産を持ってる人が始めるもの。

8. 儲かる仕組みというのは、複雑でないといけない。

9. 稼ぐことは悪いこと。

10. 投資=株 or FX

メンタルについて(1)トレード開始までの障壁

資金管理についての記事と並行して、メンタルについて記事を書いていければと思います。
というのも、投資は、スキルがあったり、資金管理が出来てもメンタルが伴わないと勝てないと思うからです。
言い換えればメンタル・資金管理・スキルが伴って初めて長期的に勝てるのでは?と思っています。


最初の記事は、トレードを始めるまでについての障壁について心理的な面から考察します。
自分は、実は最初に株を始めようと思ったのは大学生の頃です。その頃に口座を作って、デモトレードはしたことがあります。
でも、結局デモトレード止まりでした。

これまで、投資には興味があるけど始めれないという方を沢山見たことがありますが、まさに自分がその状態でした。
まあ過去の自分を含めて、そういう方は平たく言うと「やる必要が無い。」んです。

いえ、これは悪い意味で言っているのではありません。
実際自分も学生の頃はなんだかんだ稼げる時は月20万稼いでましたし、お金のことを気にせず使いたい時に使えていてそれで満足でした。
表面的にはもっと増やせればいいななんて思っていても、心の中では充分あるしいいやと思っていました。
単純に機会とリスクを天秤にかけた時に、機会もリスクも今はいいやという状態だったのです。

多分、口座開設をして、場合によってはデモトレードをしたりなんかするけど、実際に口座に入金出来ない、トレード出来ないという方は自分と同じ状態だと思います。

今、例えば専業主婦で、旦那さんがそこそこの収入を持ってきているし、切り詰めて考えるとリスク取る必要無いな。
今、例えば入社2年目サラリーマンで手取り20万円あって実家暮らしだし月に5万円貯金出来るし結婚は30まではしないしリスク取る必要無いな。

こんな方が多いのではないでしょうか。
自分は、そういう方はそれで何も問題無いと思います。



問題なのは、状態がそうではないケースです。

例えば自分を例に挙げますが、自分は新卒で営業会社に入って営業を1年半やりましたが、思った以上に根性が無く挫折しました。。。
正直学生の頃は結構自信があって、割とすぐにビックになれるんじゃない!?なんて思ってましたが、本当平日朝早くから夜遅くまで(って言っても21時くらい!早い方!!笑)働いて土曜もたまに出社という生活がダメでした。
今思うと甘かったのです。
期待してくれた色んな方々に申し訳ないというトラウマだけが残り、正直それは今も引きずっています。

結局実家に戻り、自分はダメだという学生の頃から一変した自己評価から、2社目は実家から通えるお給料も安いところで規模も小さいところでも、とにかく長くのびのび続けたいという選択になりました。
大学を卒業して、仕事をして3年。手取り16万5千円。貯金ゼロ。

夢は幸せな家庭を築くことでしたが、ぶっちゃけもう無理かも?と思っていました。
いやいやいや諦めちゃダメでしょ!何か名誉挽回出来て、稼がないと!と奮起して色々検討した結果、投資で勝負しよう!!!となりました。

もちろん営業の時の挫折もありますし、今度は命を賭けるつもりでやろうと思いました。

よし!投資を始めるぞ!口座開設オッケー、デモトレードもしたことがある、掻き集めた10万円入金オッケー。でもまさかの始めれない!!!



そう、先の例では、投資に憧れてるけど、今の生活をリスクにさらしてまで始めなくても良い例を挙げましたが、今回はそうではないケース。
どう考えても投資(もちろん他にも選択肢はありますが)を始めないといけない状態なのに、始めると決めたのに、始めれないケース。

行動で言うと簡単なことなのに、複雑なことは何もする必要がないのに、何故こんなにも怖いのか?
失ってもたった10万円なのに、何をびびっているのか?

自分の場合、この恐怖だったり抵抗だったりに向き合うことから、まずはスタートしないといけませんでした。
多分、このあたりは、既に投資をされてる方でスタートの時の気持ちは様々だと思います。
「いやあ50万あったし、軽い気持ちで50万の株買った」とかいう人もいるでしょうし、自分と同じ気持ちの人もいるかもしれません。

ただ、自分が感じた恐怖だったり抵抗を分析した結果について、次から語っていきたいと思います!

«  | ホーム |  »

プロフィール

makoto

Author:makoto


↑ランキングクリックよろしく↑

始めましての方は、「はじめに」をお読み下さい。
また、今までの収支表を公開しています。
収支表の見方は、「収支表の見方」記事にまとめています。

・2010年度

・2011年度

・2012年度

・2013年度

・2014年度

・2015年度

・2016年度



↑ニコ生もやってます↑

Twitter

カテゴリ

はじめに (1)
雑記 (5)
今週の収支 (51)
今週の注目銘柄 (3)
考え方 (23)
投資入門講座(資金管理について) (14)
投資入門講座(メンタルについて) (4)
投資入門講座(時間管理について) (1)
告知履歴 (2)
投資つぶやき (17)
イベント記録 (1)
投資戦略考察 (6)
プロフィール (0)
日記 (1)

月別アーカイブ

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。